8月 16

まずは弁護士へ無料相談

更に任意保険基準というものがあり、任意保険基準は、独自に設定されている慰謝料基準のことをいい、基本、自賠責基準よりは高い金額で相場基準が定められています。保険会社によって設定金額は違うようです。

そして、みなさんが更に意識していただきたい慰謝料の相場は弁護士基準です。弁護士基準とは、裁判所の過去の判例をもとに算出された基準のことをいい、裁判所基準ともいうことがあります。 弁護士基準が最も高い基準での慰謝料を請求することが出来ます

慰謝料の相場に三つの種類があること自体知らないという人たちが多かったのではないでしょうか。弁護士基準とは、弁護士に交通事故被害に遭ったみなさんが、相談することによって得ることが出来る基準です。より高い慰謝料を得たいというのなら、弁護士に依頼するというのが、現代社会の当たり前の前提のようです。

そして、弁護士に依頼をすれば、後遺障害申請や今後の方向性についてなどいろいろな的確なアドバイスを受けることが出来ます。いま、弁護士事務所では、無料相談も受けてくれているので、まずは、相談してみる姿勢が大事ではないでしょうか。

推奨リンク:交通事故 弁護士
(交通事故被害の無料相談ができる「アディーレ法律事務所」のサイトです。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

8月 11

慰謝料の相場

みなさんは交通事故被害に遭ったときの、慰謝料の問題もそれ程詳しく理解している訳ではありません。保険会社が慰謝料の金額を提示してくるのかもしれませんが、提示された慰謝料に納得できないケースもとても多くあります。

そもそも自分自身で慰謝料の問題を解決しようと思えば、保険会社は、そのような法律の知識をそれ程持たない人たちに対して、軽視してみる傾向があります。とにかく保険会社という存在は、交通事故被害に遭った人たちの味方ではありません。そのような会社は、そもそも営利目的で営業をしているため、出来る限り慰謝料を安く抑えようというモチベーションを持っています。

そのような保険会社から、自分自身の力で高い慰謝料を請求しようなんて、やっぱりほとんど無理と考えるべきでしょう。

交通事故被害の慰謝料の相場ってどんな感じなのでしょうか。まず、自賠責基準というものがあり、それは、「自賠責保険」で決められたの基準のことを言います。みなさんも自賠責保険という名前は知っているのでしょうけど、それは、法律で自動車の運転者が必ず入るように定められている「強制加入の保険」のことです。慰謝料の相場には、三つの基準があり、一番低い金額です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

8月 07

事故被害の慰謝料

交通事故被害に遭ってしまった人たちが弁護士に相談するいろいろなメリットがあります。 みなさんは、交通事故被害に遭って、ほとんどパニック状態になっている時ではないでしょうか。そのようなときに、普段全然向きあうことのなかったいろいろな難しい法律の問題と関わっていかなければならないなんて、ほとんど無理……と言いたいのです。時間があれば、落ち着いて、法律と向きあうことも出来るかもしれませんが、どれもいますぐに解決しなければならない問題です。

なんで私は交通事故被害に遭ったというのに、こんな試練に遭遇しなければならないのでしょうか。しかし、これが現実なのです。私達は、そもそも交通事故被害に遭ったとき、最初から法律のプロフェッショナルに相談しようというモチベーションを持つ必要があるようです。

ただし、そのような人たちに依頼することにもお金がかかることです。もちろん、そのような法律のプロフェッショナルに相談して、交通事故被害に遭った人たちは、絶対に得をしなければなりません。いろいろと、まだまだ判らないこと、不安なこともあるでしょうから、まずは、法律のプロフェッショナルに相談する姿勢が正しいのではないでしょうか。

いま、いろいろな法律事務所では、無料で相談を受けてくれるところがありますので、一度気軽な気持ちで、行ってみてはどうでしょうか。交通事故被害の慰謝料ってどの程度もらえるのでしょうか。こんな疑問にも自分自身ではすぐに答えは出てきません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket